京セラで太陽光発電を比較する

同じ太陽光発電システムでも、製造しているメーカーによって、その特徴は大きく異なります。
今回は、京セラという会社の太陽光発電を見てみましょう。

京セラというのは、京都にあるメーカーです。
太陽光発電の中では、先発組に入ります。
京セラの太陽光発電の特徴というのは、何といってもそのお手ごろ感です。
太陽光発電の施工をしてくれる業者から見積りを取った場合、必ずピックアップされると言っても過言ではないメーカーです。
キロワット単価は、400000円から450000円といったところです。
この数字は、実は結構低い方です。
キロワット単価の相場は現在では昔よりも低くなっております。
昔は、キロワット単価は550000円といわれていました。
しかし現在では、キロワット単価が450000円となってきました。
これは、大量生産と普及に伴うコストの削減が、大きな要因です。
京セラの太陽光発電の場合、見積りの上限でも、現在のキロワット単価の平均値ですので、得です。

また、非常に融通が利くところも、京セラのメリットです。
日本の住宅の屋根は、非常にスペースが限られております。
スペースが狭い上に、複雑な形の屋根ですと、さらにデッドスペースが多くなってしまいます。
京セラの太陽光発電モジュールは、他のメーカーのものと比べて、サイズが小さいのです。
そのため、屋根の形状に合わせて、隙間なく設置をすることができるというわけです。

さらに京セラでは、保証制度が充実しています。
パネル本体に10年間の無償保証がついているのはもちろんです。
それに加えて、火災や自然災害による損害まで、10年間無償で保証してくれるのです。
ここまで手厚いのは、京セラだけです。
日本には、多くの災害が訪れます。
台風もあれば、最近では突風も激しくなってきました。
地域によっては、落雷も多くなっております。
地震や津波、噴火は保証外ですが、それ以外は保証してくれるので、とても安心です。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>